自律神経失調症に効果的な治療法|生活習慣から見直そう

空

神経の辛い症状を緩和する

サプリメント

自律神経失調症の治療をするためには病院に通いましょう。病院では薬を処方してもらえますので、それによって目覚しい効果が得られる患者さんも存在しています。こうした病で現れる症状は、難聴や鬱病など別の病の症状に似ている事がありますので、正確な原因を知るためにも通院が欠かせません。

Read More

こんな症状があったら注意

女の人

ストレスが原因となる心身の不調は自律神経失調症という病名になります。自律神経失調症はカウンセリングと薬物療法、症状によっては消化器科や循環器科と提携して治療を行います。その他にも自律神経失調症の治療そして予防にバランスの良い食事と規則正しい生活、適度な運動が有効です。

Read More

食生活を整えて不調を克服

悩む男女

ストレスや生活の変化も

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は身体や心を活発に活動させる作用があり、副交感神経はリラックスして気持ちを静める作用があります。この2つが相互に作用して健康を保っていますが、どちらかが強すぎたり弱すぎたりすると、心身の不調が表れます。これが自律神経失調症です。自律神経失調症は、身体の中をコントロールする神経やホルモンの不調であり、過労や人間関係のストレス、身体の末端部分の血流低下など様々な原因が絡み合う事なので、治療に時間が掛かります。自律神経失調症の治療のためには、病院に行って薬をもらい、身体を休めることももちろん大切ですが、食生活の改善や生活リズムを整えることも同じくらい大切です。夜更かしや朝寝坊、あまりに不活発な生活は自律神経を乱してしまいますし、人間関係の悩みが負担になってないか振り返ってみることも必要です。また食事を気を付けることで、予防改善に期待ができます。

食事で神経を整える

自律神経失調症の治療予防のために有効な栄養素をいくつか紹介します。ビタミンAは抗酸化ビタミンと呼ばれ、ストレスを抱えたときに働くホルモンの原料となります。心身の不調の際に多めに摂取したい栄養素です。ニンジン、レバー、ホウレン草等に含まれます。ビタミンB1は脳のエネルギーになるビタミンであり、不足すると集中力の低下や精神的な不安定を引き起こします。多少多めにとっても尿と一緒に排出されるので問題ありません。豚肉、マグロ、ウナギ、玄米、納豆等に多く含まれます。カルシウム、マグネシウムは一緒に働くので両方とりたい栄養素です。カルシウムは心臓のリズムを整えるので、不足すると不整脈と関係するようです。また筋肉の痙攣、まぶたの痙攣にも影響します。マグネシウムはカルシウムの吸収を高め、神経の高ぶりを抑えます。カルシウムは海藻、大豆、小魚などが含みます。マグネシウムは大豆製品、ナッツ類、ココア、牡蠣等に多いです。これらの栄養をきちんと採って、治療に役立ててください。

患者ごとに異なる原因

自然

自律神経失調症は様々な原因によって発症する可能性がありますので、患者ごとに症状にも多様性がありますし、治療に際しても患者ごとに最適な治療法が変わってきます。そして、中には体の歪みが原因であるため投薬治療では効果が現れず、整体を受診することで効果が現れるといったケースもあるのです。

Read More